実はアグレッシブ?コーポレート部門の魅力とは~OpenOfficeを開催しました~

f:id:starttoday_tech:20191121150308j:plain こんにちは、広報の立川です。11月20日(水)、ZOZOテクノロジーズ Corporate OpenOfficeを開催いたしました! 今回は2名のZOZOテクノロジーズ社員が登壇し、総務・労務、社長室といったコーポレート部門の職種にフォーカスして業務内容やミッションなどをご紹介しました。

総務・労務

f:id:starttoday_tech:20191121135103j:plain 1人目は総務の岸本。新卒でZOZOに入社後、マーケティング部、開発部エンジニア⇒経営管理部総務に異動という異色の経歴を持っています。 社内公募という社内でジョブチェンジができる制度を利用して、2018年から総務にジョインしました。

■ミッション f:id:starttoday_tech:20191121184156p:plain 「楽しく働く」インフラづくり をミッションに、社員が健康に楽しく働ける環境を整えることが総務・労務の業務となります。 いわば社内の何でも屋として、企業と社員を支えているチームです。

■業務内容 f:id:starttoday_tech:20191121185341p:plain 総務・労務の業務は多岐に渡り、名刺発注や勤怠管理、オフィス庶務などの作業をはじめ、社内交流会や全社行事等のイベントの運営、会社規程策定、新制度の準備と運用といったクリエイティブなものまで組織運営に必要なこと全てを担っています。

■メンバー構成 f:id:starttoday_tech:20191121185358p:plain 現在のメンバー構成は上記となっており、社内では比較的平均年齢が高く、落ち着いたメンバーが在籍しています。 社内のことを熟知し、他部署とも円滑に業務を進めていけるコミュニケーション能力の高いメンバーが多いことも特徴の1つです。

■求める人物像 f:id:starttoday_tech:20191121185414p:plain 総務・労務というと庶務や裏方といった保守的なイメージが強いかもしれませんが、ZOZOテクノロジーズでは常に新しいことに取り組むチャレンジングなチームです。 会社がスピード感を持って変化していくので、それに伴い業務内容も日々変化していきます。そうした環境や変化を前向きにとらえ、積極的に楽しめるマインドを持った方を募集しています。

社長室(広報・秘書)

f:id:starttoday_tech:20191121135330j:plain 2人目は社長室でリーダーを務め、広報を担当する坂井。 社長室の業務内容やミッション、グループの中での広報の分担についてお話しました。 現在、社長室は広報1名・秘書1名の2名体制で運営を行っています。

■広報について f:id:starttoday_tech:20191121191007p:plain 「企業の認知を拡大し、会社の成長に寄与すること」をミッションに掲げ、日々広報活動に取り組んでいます。 ZOZOテクノロジーズはZOZOの子会社で、グループ全体の技術部門となる企業です。 それぞれの会社が持つ強みを活かしながら、グループ全体で協力して広報活動を進めています。 メディアリレーションや、プレスリリースの配信等のいわゆる広報活動だけでなく、今回のOpenOfficeのような採用関連のイベント企画や立案も担当しており、幅広い業務にチャレンジできるところが大きな特徴です。

■秘書について f:id:starttoday_tech:20191121191020p:plain 秘書として、代表2名のサポートをしています。 日常で発生する細かなケアから、トラブル時の対応や処理など、業務内容は多岐にわたります。 社内外問わず、多くの方と関わりを持つ仕事です。

■社長室全体で求める人物像 f:id:starttoday_tech:20191121191038p:plain 広報・秘書どちらも、社内外問わず様々な人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。人と関わりを持つことや、情報を発信していくことに楽しさを見出せる人が活躍できるポジションです。 また、キャッチアップして自分の引き出しをつくるため積極的に学ぼうとする姿勢も、大切なマインドの1つです。

懇親会

f:id:starttoday_tech:20191121135512j:plain 懇親会では登壇に関する質問などで盛り上がる場面が多く見られました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

採用情報

ZOZOテクノロジーズでは一緒に楽しく働ける、新しい仲間を募集しています。

気になる方は求人ページをご覧ください。

【お問い合わせ】 広報に関するお問い合わせはこちら

カテゴリー